子どもたちのための無料のプログラミング道場

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化となりました。今はまだ多くの人が 単なるパソコン教育と誤解されているかも知れません。プログラミングは教えて習得 するよりは自分から学んで得意としていくものであり、また自ら学ぶ子は、同じ趣味 特技の仲間を作ることで成長します。そこで、7~17歳を対象としたプログラ ミング仲間の集まれる場所作りをしたいと考えています。

プログラムを遊びながら学ぼう!

参加する

体験のみ

「CoderDojo 青梅」何ができるの? ここで学べること。プログラミングの対象。

ニンジャ参加申込 ニンジャ(プログラミング学習する小中学生)の申し込み方法はこちら。

ボランティア募集 学習をサポートするメンター。道場の運営をサポートするボランティア。

開催予定と申込 次回開催予定日。活動場所。

開催報告 Scratch言語によるプログラミング。

「CoderDojo 青梅」何ができるの?

ボランティア募集!

CoderDojo 青梅とは?

CoderDojo 青梅 ロゴ

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化となりました。 今はまだ多くの人が単なるパソコン教育と誤解されているかも知れません。 プログラミングは教えて習得するよりは自分から学んで得意としていくものであり、 また自ら学ぶ子は、同じ趣味特技の仲間を作ることで成長します。そこで、7~17歳を対象とした プログラミング仲間の集まれる場所作りをしたいと考えています。東京都のCoderDojoとしては最西端になる青梅市で。

コミュニティであり、パソコンやプログラミングを教える教室ではありません。プログラミングという共通のテーマを持って、 子どもたちが作成したアニメーションやゲームなどの作品を発表できる場所、同じ興味を持った子どもたちの集まる場所を用意します。 とは言いつつ、わからないことや知りたいことがあればメンターに相談することもできます。

参加するには

参加資格

参加できる人:

7~17歳の小中学生
無料, Free

参加費:

Free。無料です。
申込方法

申し込み:

イベントサイト「Connpass」に登録ください。
用意するもの

必要なもの:

オンライン参加は、パソコンとZoom用のインターネット接続。

ここで学べること

同じ興味を持った子どもたちの集まる場所を用意し、みんなで広い知識の習得に励みます。

scratch作品と参加者

参加者Ninjaのみんな

プログラミング対象

Scratchほか、何でもOK(micro:bit、ラズパイ、WEBサイト制作、python 等)

▼Scratch

Scratch

▼micro:bit

micro:bit

開催方法

今後の企画・運営を計画しています。新型コロナ感染対策のため人数を減らしての開催やオンラインでの開催(zoom利用)を検討します。 ボランティアおよび参加したい子どもを募集しています。開催日はご希望に合わせて調整します。

オンライン開催


プロフィール
I.Kano

CoderDojo 青梅 ▼ラズパイとラピロの記録(FunnyGeek) ▼パブリッククラウドのコンサル&アーキテクト(Qiita

主宰者プロフィール…

Eメール メール
登録団体

CoderDojo青梅は、東京都青梅市社会福祉協議会の青梅ボランティア・市民活動団体です。